利用する方法|暮らしを変える投資マンションの経営|経営のコツを押さえて活躍

暮らしを変える投資マンションの経営|経営のコツを押さえて活躍

集合住宅

利用する方法

模型

不動産投資を利用する方法は、予算などによって幾つか種類があります。 まずは金融商品で、代表的なものとして投資信託があります。国内外を問わない不動産を専門家が運用する投資商品として少額から始めることができることから投資初心者が主に利用し、証券会社や銀行などの金融機関で利用することができます。投資信託は様々な不動産の投資が組み込まれているので、選択の幅が広いです。 また、実物資産として、不動産の購入があります。富裕層や自分で運用を考えている方が不動産会社を通して不動産を購入し、不動産価格の差異益を狙って売買を行ったり、人に購入した不動産を貸して賃貸収入を得ています。長期に資産形成を考えることができるとして注目されています。

不動産投資を一番望む人たちと、その理由として、まず不動産投資を望んでいるのは20代から30代の若い世代です。不動産投資でも海外の不動産を比較的リーズナブルなワンルームなどの購入し、海外赴任している日本人に向けて貸し出し、賃貸収入を得る投資を行っています。さらに自分が年を取ったら住んだり、転売することを考えています。 その理由として、海外の不動産は日本に比べて資産価値が高く、今後も経済成長が見込めるため、安定した収入が期待できるためです。さらに年を取って住むと考えた場合でも日本よりも物価が低いので生活がしやすいと考える若者が多いです。また、特に最近はアベノミクスにより、投資に関する関心が高まっていることも理由の一つです。